2017年03月27日

ほんとうけんぼろ山夏

白狐さまが江戸時代の初めのころに告げた、本当の名前を父ちゃんは覚えていると言った。白狐さまは、動物の中ではかなり位の高い狐で、神さまから「神さまの出来そこない」という名前を貰っていた。
やることをやりながら父ちゃ激光矯視 中心んはいつも、悔しいくらい格好良い……。

「日露戦争の頃にも言っただろう?お前の名前は、「淡島(できそこない)」なんかじゃないってな。俺が付けてやった八紘という名前には「世界」という意味がある。この世の果てまで、一緒に居てやるって言ったはずだぜ。末世も近いが、まだその時じゃないからな。なあ、八紘。俺ぁ、お前に何かあった日には、いつだってすべてを投げ打って駆け付けるぜ。それが惚れた相手に対する男のけじめってもんだ。」

「長次郎~……ああんっ。」

「あんたには、もっと似合いのやつがいるじゃねぇか。さあ、涙を拭いてあんたの世界に帰りな。俺とあんたじゃ、住む世界が違うんだよ。」

「いや、いや。わたくしを帰さないで。どうかお願い、わたくしをあなたの一夜限りのお嫁さんにして。たった一夜を思い出に、わたくしはずっと生きて行きますから……。」

別れを告げに来た父ちゃんに母ちゃんは必死に縋り、長次郎さん、お願い、行かないでえぇ―――と、よよ……と、泣き崩れたらしい。

「まったく、俺も罪な男だぜ。」

脳髄に響く魅惑の重低音でそう言ったかどうかはわからないけど、流れものの父ちゃんは、結局母ちゃんの渾身の誘惑に負けてしまい、とうとうお屋敷の片隅で、激しく腰を振っ楊婉儀幼稚園たのだった。「据え膳喰わぬは、男の恥」は、万国共通、生きとし生けるものの男の信条だった。

「きゃああぁぁーーーっ!ジョセフィーヌちゃんが、野良犬に襲われているわ~~!」

野良の父ちゃんに良く似た、おれ達4匹は暖かい部屋の中には入れて貰えなかった。おれ達の家はお勝手の外にある「白菜」と書かれた段ボール箱の中だった。
お勝手の鉄の扉はきっちりと堅く閉じられて、おれ達がどれほど鳴いても開けられることはなかったんだ。

「かあちゃん、お腹が空いたよう~」

「え~ん。かあちゃん~。」

母ちゃんの必死の抗議で、ほんのしばらくの間だけ乳を貰うことができたけど、おれ達はまだチビだったから自分たちで餌を取ることもかなわない。ふかふかとした、母ちゃんの長い毛に包まれて眠りたかったけど、そんな叶わない夢よりもご飯の方が大切だった。

「可哀想になあ。夕べは声を頼りに捜したけど、どこにいるか分からなかったんだ。他の奴はもう駄目みたいだな。夕べは寒かったからなぁ。せめて、箱のふたが開いてればよかったのになぁ……。」

誰かが鼻の頭をつんつんとつつく。
浅い河原の凍りついたところへ、俺たちは入れられた段ボールごと捨てられていたみたいだった。中州にあったから箱が濡れる前に、少しは流されたのかもしれないと、そいつは言った。

「段ボールが沈んでしまわないで良かったよ。」

段ボール箱には水が染み込み、芯から体が冷えていた。

「おいで。……あはは、すっごく腹ぺこみたいだな。」

目の前に来たいい匂いの指先をちゅっちゅっと吸った。
どうして、俺には「本能」があるんだろう。どうして、俺にはいろいろとわかってしまうんだろう。
こいつはいいやつだと、匂いがささやく。付いて行っても大丈夫だ。
きっと、ご飯をくれる。
俺はきゅんきゅんと鳴きながら、そいつの腕の中に鼻先を埋めた。
俺を拾った人は、大学生だった。
名前は葉山夏輝(はやまなつき)と言った。輝は大Foodwise凍肉品質家さんに必死にかけあって居場所を作ってくれた。

「うちは、由緒あるマンションだからね、生き物は全てお断りだよ。」

確かに由緒はありすぎて、築35年のアパートは西側に少し傾いている。
俺の飼い主は、俺を手放さないで済むよう必死に思いつく限りの交換条件を出した。

「大家さん。外階段の手すり、確かペンキ屋入れて塗り替えするんですよね。」

「そうなの、見積もり出してもらったら20万だって。冗談じゃないわよ。足場が必要になったら別途料金だそうだよ。」
  


Posted by だけを平らに削っ at 13:23Comments(0)

2017年03月17日

く息しそうに王を吐

大きな鉄槌が運び込まれ、力自慢の勇者が水槽のガラスをどんと割ってしまった。
ずいと進めた王の爪先を認めると、ガラス越しに見るよりも一回りも小さく見えた人魚は、輝く髪の間から王さまの方をおずおずと見上げた。
王は、影のように仕える宦官すらも人払いし、広い浴室に哀れな人魚と二人きりになった。

「わ……たしを自由に……して。あの人の眠る海の底へ行きたい……。どうぞ……。」

竪琴を奏でるような驚くほど美しい声を発すると、人魚は王さまの足卓悅元に縋った。声と姿から察するに、青い人魚は少年のようだった。

「……なんという声だ。人魚の歌を聞いた漁師は、誘われるように海の底へ行きたくなるというが……まさに胸震う奇跡の声だ。青い小さな人魚よ。わたしの為に歌ってくれないか?」

青い小さな人魚はふるふるとかぶりを振って、諾(はい)とは言わなかった。同じ言葉だけを繰り返した。

「わたしを自由にして。あの人の眠る海の底へ行きたい……。」

恐ろしい王さまに逆らう者は、この国には誰一人としていないのに……。
苛立った王さまは、長い髪を掴むとぱんと人魚の頬を打った。そして、知っていたの卓悅Biodermaにわざと口にし人魚の様子を見た。

「海の底に眠るあの人とは、誰のことだ?名を言え。」

「……スル……タン、マハンメド王……。」

人魚は王さまの目が、愛するスルタンとは違い、これまで散々に自分を虐げて来た者たちと同じ物だと気が付いた。怯えて顔が強張り、両の手を胸のあたりで交差し震えた。

「青い小さな人魚よ、海に身を投げた臆病者のスルタンは、魚のお前を人のように抱いたのか?」

そんな意地悪な質問に人魚は答えず、ただ哀さまを見つめていた。モザイクタイルで装飾された浴室に、静かに時だけが流れていた。

やがて、人魚は顔色を変えると、喉元を抑えはっはっと忙しなき、水の溜まった浴槽へと、這って行こうとした。

「……あ……ぁ……」

「どうした?水が欲しいのか?一見したところ人と変わらぬように見えるが、やはり海の者だな。長く水から離れることはできないのだな。」

しばらくは陸上で過ごすこともできたが、もともと人魚は海の生き卓悅假貨物なのだと、王さまも今更のように気が付く。水を求めて、人魚は手を伸ばし喘いだ。
薄い上半身にはないが、鱗の生えた青い足は、水がなければ乾いて痛むのだろう。王さまは、髪を掴むと浴槽に人魚を投げ込み首元に並ぶ鰓孔(えらあな)を押さえてみた。  


Posted by だけを平らに削っ at 13:18Comments(0)

2017年03月07日

様は褒にがむ

「そうか。この子もわたしを好きか。お前は本当に可愛らしいことを言う。せめて辛くないように、ゆるゆると時間をかけてやろうな。」

「あい、旦那さま。」

細雪の震える茎を、温かな大きな手のひらが包んだその時、不意に階下で誰かの喚く声がした。
水を差された不興の色が澄川の顔に浮かぶ。


「きゃあーーっ!」

「だから話をしている。なぁ……徳子は元々俺のものになるはずだったんだ。少しばかり見目良いからと言って、柏宮が横合いから掻っ攫って行ったんだ。基尋は徳子に瓜二つdermes激光脫毛なんだ。金ならいくらでも積んでやるから、ここに連れて来い。俺があいつを身請けする。」

「そのお申し出は、きっぱりお断りいたしんす。」

「……なんだと?」

優雅に会釈をして退出する憧憬の夫人に、どれほどあがいても本郷の手は届かなかった。

そして、今また、徳子の顔の細雪という名の花魁が、自分を袖にする。

「本郷の宮様。何をなさっておいでなのです。こんなとdermes激光脫毛ころで、そんなものを振り回すなんて……おやめください。」

「徳子……あんたに贅沢させてやるために、俺は馬車馬のようしゃらに働いたんだ。いっそ、一緒に死のう……な?……なぁ、それだけが、この世であんたを手に入れる手段なんだろう?」

「いやだっ、兄さんっ。」

必死に抑える細雪の置いた手のひらが、真っ赤に染まっていた。血はどくどくと溢れ止まらない。

「さ……さめ、無事……かい……?」

「あい、兄さん、でも、兄さんがっ。血が……血が、こんなにたくさん……」

「ば……かだね。部屋に居ろと言っただろう……でも……光尋めてくださるだろうかねぇ……」
雪華花魁の現での名前は、矢嶋真次郎(やじましんじろう)という。
相場で身代を失い首をくくった父親の借財を引き受けて、わずか9歳dermes 脫毛で禿として花菱楼に入ったのだと澄川から話を聞き、基尋は雪華の悲しい過去に涙した。  


Posted by だけを平らに削っ at 13:03Comments(0)
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
だけを平らに削っ