2017年05月25日

衛のんに身を

「病が重くなってからは、さすがにお断りするつもりでいたのですが、通ってくるお客さまは切れず……。仕方なく気分の良い日をお選びいただいて、何度か……お肌をお合わせ願いました。回数はそ避孕 藥れほど多くはございませんし、お医者さまにもご相談しております。むしろ近頃は、ご自分から……」
「お前が、そう仕向けたのだろう……?……一衛は……無垢だぞ……。」
「確かに、穢れのないお方でございました。一衛さまは稀にみる……どなたさまも間違いなく極楽往生されるほどの、上品(※じょうぼんじょうしょうの事)の名器でございます。楼閣を営んでいる日向の目に狂いはございませんでした。」

日向の話を聞き、何も知らない自分があまりに間抜けで、直正は呆然としている。
日向は話に虚偽を混ぜながら、都合のいいように告げた。

「……一衛。すまぬ。」

直正は手をついた。

「いいえ、直さま……動乱の中で、ここまで良く生きてきたねと、お医者さまがおっしゃいました。考えてみれば、一衛はいつも熱を出す弱い子供でした。母上にも、一衛の命は直さま避孕丸が神仏にお願いして下すったものですよと、何度も言われましたし、直さまのおかげで生き延びてきたようなものです。」
「藪医者の見立て違いではないのか?」
「話を聞くと、腑に落ちることばかりでした。」

直正は手を伸ばし一衛の冷たい頬に触れた。

「お前の守った矜持とは何だ?こんな目に遭わせるために、会津から手を引いて来たのではない。なぜ、そんな風に落ち着いていられる……?」
「直さま……」

驚いたように一衛が直正を見つめる。
直正は早くまともな職を得て、一衛と共に住む家を借りようと思っていた。
気持ちは急いてたが、職探しはままならない。
嬌声の聞こえる女郎屋の奥ではゆっくり養生も出来ないだろうと、心から一案じていた。それほど思いながら、一衛の地獄を想像することもなかった。
全て手遅れだった。

胸にもたれた一衛の髪が肩で揃えられているのに、やっと避孕丸気が付いて、直正は先ほどまでの日向に対する憤りを忘れて、つい含み笑いを浮かべて撫でてしまった。

「島原屋にいる禿のようだ。」
「……やっぱり、ざん切り頭は似合いませんか……いやだなぁ。日向さお上のお役人を相手にするのだから御定法は守ってくれといわれて、仕方なく短く切ったのですけれど。」

断髪脱刀令が出て、男は皆髪を短く切った。
一衛は恥ずかしそうに目を伏せた。  


Posted by だけを平らに削っ at 12:52Comments(0)

2017年05月15日

誰もが軍を率



「これは、麿が会津さまへとお預かりして参りました。速やかに東帰せよと、帝の勅命であらせられます。」
「……勅命ならば、そうするしかありませぬな。」

微かに使いの者が汗をかいているのを、家老は見逃さなかった。
昨夜、いつまでも傍に居てくれ、頼みにしていると帝に言われたと、藩主から聞いたばかりだった。
切々と打ち明けた舌の根が乾かぬうちに、京の町かreenex 膠原自生ら全いて出て行けと帝が言うはずはない。
さすがに、これはおかしいと気づいた家老は、時間を稼ぐために使いに来た公家を詰問している。
返答次第では、急ぎ宮中に出向き、親しい公家から事情を聴くつもりだった。

一家の大黒柱が長く留守をし、残された者たちの苦労も多かった。
藩兵一千人が一度に京都へ赴任し滞在する費用は莫大なもので、しかも新しく逗留する広い屋敷も構えねばならない。いつまでも仮住まいのままではいられなかった。
幕府は五万石を加増しているが、おびただしい金子が流れるように消えてゆく。

会津藩だけに科せられたとてつもなく重い負担は、国家老により何度も容保に注進され、容保もまた何度も幕府にお役返上を願ったが叶わなかった。
支えとなる大藩の大方が、幕府に背を向けているのも原因だった。
京都に来てから、時々寝付く病身の容保を家臣は懸命に支え、孝明天皇も忠誠の容保の病気平癒を祈祷するほど心を寄せた。
身を削るようにして至誠を尽くす容保が味わうこの後の悲almo nature 狗糧劇を、誰が想像できただろうか。「お。相馬殿。どこへ行かれる?」
「国許へ文を送りに参ります。」
「なんだ、いつもの飛脚屋か。浮かれた足取りゆえ、てっきり女子にでも会いに行くかと思ったぞ。」
「はは。朴念仁ゆえ、そのような話はありません。」
「つまらぬ堅物じゃ。島原の女もなかなかいいぞ。そのうち遊女屋に連れて行ってやろう。」
「はは……そちらの方は、いずれまた。では、これにて。」

「そうとも。大切に思っているに決まっているさ。きっと京女になど目もくれず、お役大事で頑張っているに違いないよ。」

一人が泣きだすと、周囲の者も皆堪え切れずに、一斉に涙腺が決壊してしまった。
彼らの父親、兄も多くが京都へ赴任していた。
決して弱音を吐かない彼らも、気の置けない仲間といる時は年相応の少年になる。
周囲に大人がいる時は、背伸びをして会話をしていたが、本当はalmo nature 狗糧大切な人を見送り心の内では寂しかった。
友の前でだけ、肩を震わせて素直に彼らは泣いた。
胸の穴にびょうびょうと風が吹く。
本当は誰も寂しかった。
  


Posted by だけを平らに削っ at 13:24Comments(0)

2017年05月02日

いけことが耳に


こっちは三匹のネズミが穴に潜りこもうとしてますね。
一番後ろの子は転んでしまったようです。

このネズミたちがいるのは
なんと『鼠坂』なんです。
だいぶん前にブログ跟團去歐洲に書いているのですが('164/13『鼠坂』)、
僕はこの坂をよく上ります。
かなりな急坂なので
ヒーヒー言いながら上ることになるものの
ふと横を見ると
ネズミたちのかわいらしさに
これもまた顔をニヤつかせてしまうんですね。

しかも、
高い塀の上にはこんな子も

いるんですね。
片耳に怪我を負っているようですが
じっと坂を上り下りする者たちを
見守ってくれているんですね。

まあ、
落書きはいけないものなのでしょうが、
こういうのは悪くないですよね。
すべての人が「うん、良い」とは思わないだろうけど
僕はこういうの好きですよ。

僕の住む近所にはこういうものがあります。

なんだかわかります?
わかりませんよね?
では、
ちょっと角度を変え、アップにしてみましょう。

猫ですね。
黒猫です。
電柱の根元に誰かが描いた落書きなのでしょう。
ここ以外にもこの周辺には
幾つかこういった黒猫の落書きが存在しています。

初めてそれらを見たのは
もう何年も前のことでしたが、
僕はちょっとニンマリしてしまいました。
落書きだからといっても
このように不快にならないものもあるんですね。


ここは、
ちょっと離れた場所ですが

これもわかりづらいですよね?
では、
一部を大きく写したものを――

ネズミですね。
穴から這い日本旅行團出てきたところみたいです。

で、

こっちは三匹のネズミが穴に潜りこもうとしてますね。
一番後ろの子は転んでしまったようです。

このネズミたちがいるのは
なんと『鼠坂』なんです。
だいぶん前にブログに書いているのですが('164/13『鼠坂』)、
僕はこの坂をよく上ります。
かなりな急坂なので
ヒーヒー言いながら上ることになるものの
ふと横を見ると
ネズミたちのかわいらしさに
これもまた顔をニヤつかせてしまうんですね。

しかも、
高い塀の上にはこんな子も

いるんですね。
片耳に怪我を負っているようですが
じっと坂を上り下りする者たちを
見守ってくれているんですね。

まあ、
落書きはいけないものなのでしょうが、
こういうのは悪くないですよね。
すべての人が「うん、良い」とは思わないだろうけど
僕はこういうの好きですよ。

最近、虐めが多いですよね。
それを原因とする自殺も頻々と起っているように思えます。
ああいうのを聴くと
ほんと、うんざりした気分になりますね。
同じ人間として情けないとも思います。

まあ、
人間が集団をなせば
そこには自ずと力関係が
生じてしまうものだーーというのは
僕もこれまで生きていて
実感として理解していますよ。
良い悪いは置いて、
集団としての人間群が
相対的に弱いと見なした存在を
虐げるというのは
どこの世界にも起こりえることなのでしょう。

ただ、
こういった《評論家的意見》は
なんの意味もないんですよね。
だって、
これから何十年も
楽しく生きていけるはずの子供たちが
自ら命を絶っているわけですから。

僕たちに求められているのは
他人事としてでなく
虐めにたいし
当事者意識を持つことだと思います。
どこの世界にも起こりえることなのですから
無理なことではないはずです。


神奈川であった
いわゆる『震災いじめ』と
その後の教育委員会の対応なんかを聴いていると
『大人』と呼ばれる年齢の人々が
あまりにも情けない言動を繰り返しているのがわかります。

なににせよ『長』という役職のある人々
(この場合は教育長とか校長)は、
大きな問題が起きたときに
詰め腹を切韓國旅行團るのが仕事のはずです。
そのために普段から
より多くの給料をもらっているわけですからね。

そういった人間が
自己保身や身内を庇う言動を繰り返し、
事実を隠蔽したり
ねじ曲げるなんてあってはならないですよね。

いえ、
これも《評論家的意見》なのかもしれません。
ただ、
一番の当事者がそれを他人事として扱っているのを見ると、
情けないし腹がたちます。
自らを省みて、そのような人間にだけはならないよう
衿を正していきたいと思います。


(↑こんな文章を子供に書かせてはません。そうですよね?)

つい最近も、教員からの虐めにあっていたという
ちょっと理解し難い入ってきましたね。
彼が感じていたであろう辛さや怒りを
共有することはできませんが
これもやはり腹がたちます。
  


Posted by だけを平らに削っ at 13:33Comments(0)
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
だけを平らに削っ