2017年08月30日

中国のコンピュータ科学論文が世界の23%を占める




中欧情報自動化?応用数学共同実験室(LIAMA)20周年記念会議が11日、中国科学院自動化研究所で開かれた。同会議では中国の20年間にわたる科学研究分野における指数の成長に関する報告書が発表された。それによると、中国の2017年のコンピュータ分野科学論文は、世界の中小企卓越營商夥伴23%を占めるとしている。この割合は1997年時点では2%未満だったため、20年間で11倍以上成長したことになる。中国青年報が伝えた。

同報告書によると、2013年まで中国が世界科学論文に占める割合が最も高かったのは工学(34.8%)で、化学(24.5%)がその後に続いた。2007?13年で全体に占める數碼通割合の成長率が最も高かったのはコンピュータ科学で、25.1%の成長率を示した。

また同報告書によると、2003年の全世界の影響力ある科学論文の割合を見ると、米国が26.8%、欧州が31.0%、日本が7.8%、中国が6.4%となっていたが、この割合は2013年に変化し、米国が18.8%、欧州が25.4%、中国が18.2%になり、日本の4.7%を上回った。この10年數碼通間で中国が産出した影響力ある科学論文の増加率は、米国、欧州諸国、日本、韓国を上回る18.9%に達した。

  


Posted by だけを平らに削っ at 16:16Comments(0)
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
だけを平らに削っ