2017年02月23日

のけじ交わし

「……う……ぅ……」
まして、間島のように自分の暴力に絶対の自信を持つ輩は、力を吹聴するきらいがある。ムショ帰りで箔をつけ幹部の地位を手に入れた間島が、こぎれいな男を連れ込んで薬漬けreenex 效果にし、ヤりまくっている話は、ある意味、公然の秘密になっていた。

「(喧嘩を吹っ掛ける)カチコミで、相手を殺る奴は関東にはいねぇから、間島のせいで抗争になったと言う話だな。関東興産はシマを広げたがっていたからな。カチコミに間島を使ったって言う事は、上と何かの約束が出来てたんだろう? 」

いつも傍らにいる月虹の存在もあり、ついに引退を決意したのではないかと、顔役の面々は噂した。高齢とはいえ最後の侠客と言われる鴨嶋劉二郎の人気は、極道の間でも高い。

「鴨嶋の叔父貴、ご苦労様です。」

ざっと並んだ黒服の男たちが、並んで頭を下げた。
関東興産の社長、実は向坂組組長は、父親が存命中に鴨嶋劉二郎と糖尿上眼治療義兄弟の盃を交わしたことを知っている。
向坂組を先代から受け継ぐときに、跡目に指名した兄貴分の劉二郎が、自ら身を引いた話を親から聞いて知っていた。

「鴨嶋の兄貴に何かあったら、俺ぁ組を捨ててでも、駆け付けなきゃいけねぇんだ。」

先代はそんな話をよくした。

「もしも、約束事なんざ紙に描いた餅だって言うんなら、言わせて貰いてぇ。俺ぁ、子組として生きると決めてから、月々の上納金は欠かしたことがねぇ。それは筋者(すじもん)としてめだと思ってるからな。世間の鼻つまみだろうが何だろうが、極道には極道の仁義というものがある。先代とはそう言う約束をた上で、俺ぁ、義兄弟の盃を交わしたが、おめぇはどうだ?向坂の坊よ。……え?」

向坂は悪さを見つかった子供のように、その場で固まっていた。
鴨嶋劉二郎は確かに一度も親組に収める上納金を遅延したことがない。そればかりか、義理堅く関東興産を起こしたときも、きちんと祝い金と花輪を届けて来ていた。てぇした爺さんだと、宴尖沙咀找換店席で他の顔役と酒のつまみに話をしたことも一度や二度ではない。



Posted by だけを平らに削っ at 12:25│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
だけを平らに削っ